心の病気ptsdを諦めず治そう~ハートプラスクリニック~

1人で抱え込まず医師に相談しよう

ストレスで起こる

考える

ストレスによって様々な病気になることは、今の時代では多くの人が知っていることです。ただ、ストレスと言っても様々なストレスの内容があります。日常生活で受けるストレスもあれば、過去に辛い体験をしたことで受けるストレスもあるでしょう。うつ病のような病気は前者のストレスによる影響が大きいですが、ptsdの場合は後者のストレスによって発症します。ptsdを簡単に言うと、心の病です。これは、自分自身が危険な目に遭ったり、障碍的な現場を目撃したりした記憶がトラウマとなって心の傷になり、それを何度も思い出してしまい、常に恐怖を感じてしまうという病気の事です。恐怖体験や危険な体験をした場合は、誰もがそのことを思い出してしまうものです。ただ、1ヶ月や2ヶ月経過すると記憶と気持ちが整理されるので、その体験が過去として認識されるようになって症状も治まるでしょう。しかし、ptsdの場合は、その思い出して恐怖を感じてしまうことが慢性化してしまい、1ヶ月や2ヶ月経っても治まらないのです。ptsdを引き起こす原因は様々あり、交通事故や大規模な犯罪、家庭内暴力などがあります。

ptsdを発症した人の多くが、うつ病や不安障害などの他の精神病を患っているのです。人によっては、精神病以外に摂食障害などと合併することもあるでしょう。ptsdを治療することで、うつ病や不安障害の予防にも繋がるのです。過去のトラウマ体験があるという人はptsdを発症しやすいので、知識を持って改善に取り組んだ方が良いでしょう。ptsdを改善するなら、心の病気を診てくれるクリニックを受診するのが最適です。ptsdはうつ病よりも認知度が低い病気ですが、効果的な治療を実施している治療施設もあるので、症状を始めとする情報を調べて、専門医がいるクリニックを訪れると完治も夢ではないのです。

新着情報

悩む

過去のトラウマ体験

心の病気になる人が急増しています。心の病気と一言で言っても様々な種類がありますが、その1つがptsdです。ptsdはトラウマを体験した本人だけではなく、周囲の人が発症する可能性もあります。

階段に座る

事件後のサポート

トラウマを体験して、その恐怖を思い出してしまい怖くなるというのは、通常1ヶ月~2ヶ月程度で治るでしょう。それが慢性化してしまうのが、ptsdです。慢性化しないようにするためには、サポートが重要になります。

医師

安心と安全の確保

ptsdを改善していくためには、心の安全を確保することが重要になります。辛い体験をしたことで心が不安定な状態になっているので、支えて落ち着かせることで自然回復ができるでしょう。

握手

利用しやすい病院

ptsdは精神科で治療することができますが、精神科と言っても病院によって治療方針は異なります。薬をよく使うところもあれば、あまり薬を使わないところもあるのです。それを理解した上でクリニックを選びましょう。